インクルーシブ教育の進め方を考える

個々の多様性を認めるため、互いを認め合うためにインクルーシブ教育を進められる考えがあるが、やみくもに進めていいものではないと考えられます。
通常の学級で障害のある生徒を受け入れるためには、教師の力がものすごく求められます。
普段の学習を教えるスキルに足して、障害を理解して克服していくための指導をするスキルが必要になってくるからです。
地域の学校と特別支援学校では、そもそものカリキュラムが違います。
地域の学校は、学力の向上を目指し、特別支援学校は生活力の向上を目指しています。
それを一人の教師が一つの教室で成し遂げるには難しすぎます。
それだからと言って、インクルーシブを否定するわけではありません。
お互いを理解しあうこともとても大切なことです。
地域の学校と特別支援学校をどちらかに絞ってしまうのではなくて、上手に二つの良いところをつなぎ合わせて、どちらにも通って学習することができるシステムになっていくと良いと感じています。