自分で考え行動に起こす自主性の教育

ゆとり教育を経て、また日本の教育が新たな側面を迎えようとしています。
ゆったりしたゆとり教育は、失敗だった、日本人は頭が悪くなったと揶揄されて、ゆとり前の詰め込み教育に戻るのかと言えば、きっとそれも違います。
物事は全身していれば、以前と少しずつ結果が変わってくる物です。
過去の物をそのまま模倣する事はまずありません。
失敗だったと言われるゆとり教育の中にも、詰め込み教育と比べて、良かった点、成果があった事はありました。
それは子供達が自分で考え行動に起こす自主性を身に着けた事だと言われています。
時間がある分、その様な考える時間が与えられ、様々な角度から自分で物事を考え理解して行く事を学べたのではないでしょうか。
この様な良かった点は、更に追求していきながら、それより前の詰め込み教育の良かった点などとミックスさせて、形を変えて、新しい教育の指針へとつなげて行けば、今までに例のない素晴らしい物へと進化していく気がします。