学習してその糧を吸収する事が教育です

教育とは学習すると言う意味と、教えを乞うて育むと言う事にあります。
つまりは何かを学び取ると言う事です。
それは小さな時分からになります。
大よそ言葉を覚えて、人の話を聞く生活となり始めたときからです。
その年齢は大よそ3才の頃からとも言われています。
物を聞いて、見て覚えると言う事です。
しかも、それはある意味では遊びながらにしての教育と言う事にもなり得ます。
そして大よそ6才の頃から今度は本格的な事務教育たる学校に通う事になります。
小学校です。
6年間と言う歳月で小学1年から6年までの事務教育です。
その後に今度は中学校を3年です。
ここまでが義務教育で、その後が高校と言う事になります。
この高校から本人が自由に学校を選ぶことが出来ると言う訳です。
3年間です。
そして最終の学校となるのが大学です。
4年と言う歳月です。
その後は既に社会人と言う事にもなりますから、今度は自分の進路についての自分で自分らしいスタイルでの教育と言う事になります。